Home

超音波画像診断装置の未来に向けた取り組み

超音波画像診断領域のパイオニア、
シグノスティックスCEO ケヴィン・グッドウィン(Kevin Goodwin)からのメッセージ。
「超音波診断を活用したより良い患者ケアのために、シグノスティックスができることとは」

シグノスティックスの詳細はこちら

BREAKTHROUGH IN BLADDER CARE
進化するブラッダーケア


タブレット型超音波Uscanは、超音波画像を描出しながら、尿量の数値化を実現。
また、超音波画像診断モードにて、臓器の状態も確認頂けます。

USCANについて

BREAKTHROUGH DEVICE GIVES USERS THE POWER TO DO MORE, FASTER…FOR LESS

進化するブラッダーケアで、
より多く、より速く、低コストを実現

Uscanは、コンピュータービジョンアルゴリズムを通じて、最大256枚の膀胱断面画像を取得することにより、膀胱内尿量をより正確に測定します。さらに、Uscanはウロロジカル留置カテーテルの確認やその他キーとなる処置はもとより、臓器や組織の超音波画像を提供します。Uscanは、5年間の保証付かつ、定期的キャリブレーションが不要、メンテナンス費用の削減を可能にします。

  • 精度

    Uscanは、膀胱内尿量をより正確に測定

  • 性能

    コンピュータービジョン・アルゴリズムにより、
    超音波に”尿量自動計測”という新たな付加価値を提供

  • 操作性

    操作中、スクリーン上に使用ガイダンスを表示

  • 汎用性

    ウロロジカルカテーテル留置や挿入の確認、腎臓や骨盤底などの臨床上の問題確認等、
    「迅速に容易な」イメージングソリューションを提供

  • 接続性

    Wi-Fi/Bluetooth機能内蔵

TWO MAJOR CENTERS OF ULTRASOUND INNOVATION
医療用超音波画像の
取り組みを支える2大センター


シグノスティックスの拠点はオーストラリアのアデレード市にあり、超音波画像診断装置と画像処理の取り組みの中核を担っています。グローバル本社はワシントン州シアトル市にあり、超音波画像診断のキーとなる開発拠点となっています。

シグノスティックスについて

最新ニュース

Uscan、シグノスティックス、および超音波画像診断に関連した
発表、イベント、展示会 について

www.signosticsmedical.co.jp

© Signostics Ltd 2015